札幌でママ振におすすめの振袖レンタル店3選

公開日: 2023/08/10 最終更新日: 2023/12/15

成人式は行く本人だけでなく親も、楽しみにしている方が多いのではないでしょうか。とくに女性の場合は華やかな振袖を着る楽しみがあります。振袖は購入かレンタルが一般的ですが、ママ振という選択肢もあります。ママ振は母親が昔着ていた振袖のことです。今回は札幌でママ振を利用する際に、おすすめの振袖レンタル店についてご紹介します。

HANAICHI札幌店

HANAICHI札幌店の画像

店名:HANAICHI(はないち)札幌店
住所:〒060-0063札幌市中央区南3条西1丁目(狸小路1丁目)プレミアタワー3F
TEL:011-280-3858

花いち都屋は北海道の呉服屋として着物の販売やレンタル、着つけ教室など着物に関する事業を幅広く行っています。どのような特徴があるのか解説します。

着物に関することはいろいろ相談できる

花いち都屋、HANAICHI、Studioamipなどの着物関連の店舗を運営しており、振袖の購入、レンタル、スタジオ撮影や着物の手入れなど、着物に関することを相談できます。HANAICHI札幌店は振袖の購入、レンタル、ママ振、撮影などに対応しています。

前撮り・小物セットからコーディネートパックまで用意

HANAICHI札幌店はママ振に対応しているので、ママ振を着て成人式に出たい、スタジオ撮影がしたいといった場合は相談に行ってみましょう。

母親が着ていた古い振袖は、子どもの体格に合わせて寸法を直したり、クリーニングしたりしなければいけない可能性もあるため、前撮りや成人式に間に合うように早めの相談がおすすめ。ママ振はちょっと古臭いな…と思っても小物や帯を今風のものにすれば、レトロでかわいいコーディネートに生まれ変わります。

振袖はあるので、そのほか必要な草履やバッグなど小物がついたセットは購入もレンタルもできます。さらに前撮り撮影をしたい、前撮りも成人式当日の着付けもお願いしたい、帯を新しくしたいなど、希望に応じた細かなコースが購入、レンタルともにあるので、ママ振を利用しやすいでしょう。

オンディーヌ札幌店

オンディーヌ札幌店の画像

店名:オンディーヌ札幌店
住所:北海道 札幌市中央区北5条西2-5 JRタワーオフィスプラザさっぽろ15階
TEL:0120-846-011

オンディーヌは振袖専門店であり、ネットで振袖をチェックしてから予約すれば、店舗で試着できるなど便利で柔軟な対応を行っています。レンタル、購入以外にもママ振にもしっかり対応しています。

身丈直しやクリーニングにも対応

ママ振で心配に思われるところは、母娘で体格が異なるため、振袖をそのままでは着られないということではないでしょうか。袖の長さが合わなければ袖を調整する、丈が合わない場合は丈を直すといったお直しをすれば着られます。

またママ振はしばらくしまってあると、シミやカビなど汚れがついてしまっていることもあります。オンディーヌでは、振袖のお直しやクリーニングを行っているので、着られないとあきらめないで、まずはクリーニングなお直しをすれば着られるのかどうか、振袖無料相談にいってみるのがおすすめです。

またママ振を着た後もしっかりオンディーヌでメンテナンスしておけば、娘だけでなく孫の代まで振袖を引き継げるでしょう。

小物は1点からレンタルや購入ができる

ママ振は振袖の着物本体はあっても襦袢などは新調したかったり、草履が固くなって履きづらくなったり、バッグや髪飾りがないなど、小物を新調したいか行方不明になりがちです。

オンディーヌでは小物がセットではなく、1点からでもレンタルや購入ができるので、ママ振の状態に合わせて小物を用意できて経済的です。北海道には札幌店があるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

きものやまと札幌地下街ポールタウン店

きものやまと札幌地下街ポールタウン店の画像

店名:きものやまと札幌地下街ポールタウン店
住所:〒060-0061北海道札幌市中央区南一条西3-7-1-1地先 札幌地下街南北線ポールタウン
TEL:011-241-4925

きもののやまとは創業100年となった歴史ある着物の専門店です。振袖や七五三などの晴れ着から洗える着物や浴衣なども取り扱っています。

前撮りのみなどといった細かなようにも対応可能

ママ振はクリーニングやメンテナンスがしたい、前撮りをしたい、前撮りも成人式、アフターフォローもしてほしいなど人によって要望が異なります。きもののやまとのママ振は要望によって細かな対応ができるので、要望や予算によって内容を決められます。また小物は1点から購入できるのもうれしいポイントです。

きものもやまとでは、オリジナルの小物も取り扱っているので、少し古い感じがするママ振でも、今風の小物を合わせれば自分だけのコーディネートが楽しめるでしょう。またきもののやまとは全国に店舗があるため、レンタルの場合は東京で契約し、北海道で受け取るといったことも可能になっています。

安心サポートパックがある

きもののやまとは安心して振袖を着られるよう、安心サポートパックがあります。ママ振もサポートパックを利用できるので安心です。記念撮影や成人式氏の当日のサポート、卒業式の袴レンタルの優待、アフターサポート、結婚式の打掛レンタルの優待が受けられます。

成人式がおわったあとも袴や打掛のレンタルの優待があるので、その後も利用し続けることができます。長い間同じお店にお世話になれます。北海道には札幌地下街ポールタウン店、新札幌ピアザ店があります。

まとめ

成人式といえば振袖を着るのが楽しみですよね。前撮り撮影や成人式で振袖を着ますが、振袖の購入やレンタルはある程度お金がかかります。もし母親の振袖が残っている場合は、ママ振りの利用を検討してみてはいかがでしょうか。ママ振りは最近にはないような柄の振袖もあるので周りの友達とはちょっと違ったコーディネートが楽しめるでしょう。

ママ振は昔のコーディネートそのままだと古臭い感じがする場合、小物をレンタル、購入することで、自分だけのコーディネートに生まれ変わりうまれかわります。ママ振のサイズを変える、クリーニングをする場合は、早めに店舗に相談に行っておくのがおすすめです。早めにママ振りの状態を確認し、前撮りや成人式に備えましょう。

おすすめ関連記事

検索